So-net無料ブログ作成
検索選択

訃報のカテゴリ記事一覧

最新記事一覧

カテゴリ:訃報

訃報のカテゴリ記事一覧。芸能Newsを日々綴ります。

訃報
読売巨人軍×楽天イーグルの日本シリーズが白熱の中、かつて読売巨人軍をV9に導いた「打撃の神様」川上哲治さんがお亡くなりになりました。現在、楽天の二勝一敗と劣勢の..

記事を読む

訃報
幅広い世代に愛されてきた「アンパンマン」でお馴染みの"やなせたかし氏"が13日都内の病院でお亡くなりになりました。94歳でした。何のために生まれてきたの? [ ..

記事を読む

訃報
江戸歌舞伎伝統の「荒事(あらごと)」を継承し、「勧進帳」の弁慶など豪快な役柄を得意とした歌舞伎俳優で日本芸術院会員の十二代目市川団十郎(いちかわ・だんじゅうろう..

記事を読む

川上哲治氏 死去 巨人V9「打撃の神様」

読売巨人軍×楽天イーグルの日本シリーズが白熱の中、かつて読売巨人軍をV9に導いた「打撃の神様」川上哲治さんがお亡くなりになりました。
現在、楽天の二勝一敗と劣勢の巨人、これを奮起に逆転出来るでしょうか?


巨人軍の鬼といわれて/川上哲治

巨人監督としてV9を達成した川上哲治氏(日刊スポーツ評論家)が、逝去していたことが30日、明らかになった。93歳だった。川上氏は28日の午後4時58分、東京・稲城市内の病院で亡くなった。故人の遺志により、すでに近親者のみによる密葬を行った。

家族によると、川上氏は春先に自宅での転倒による肋骨(ろっこつ)の骨折を引き金に、持病の心臓病が悪化。一時は歩行やボール投げなどのリハビリをするところまで回復したが、その後は全身の免疫状態が低下するなど老衰の症状が急速に進んだという。

川上氏は熊本工から38年に東京巨人軍に投手として入団し、その後、打者に転向した。赤バットがトレードマークで39年には打率3割3分8厘で、史上最年少の19歳で首位打者を獲得。人間離れした打撃術から「打撃の神様」といわれた。

61年に巨人監督に就き、65~73年まで9年連続リーグ優勝、日本一の黄金期を築いた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131030-00000023-nksports-base

アンパンマン作者 やなせたかし氏 死去

幅広い世代に愛されてきた「アンパンマン」でお馴染みの"やなせたかし氏"が13日都内の病院でお亡くなりになりました。94歳でした。


何のために生まれてきたの? [ やなせたかし ]

「アンパンマン」シリーズでで知られる漫画家・絵本作家のやなせたかし(本名・柳瀬 崇)さんが13日午前3時8分、心不全のため、都内の病院で死去した。94歳だった。
故人の遺志により、葬儀は近親者で済ませた。後日「偲ぶ会」を開く予定。
やなせ氏は1919年東京生まれ(本籍は高知県)で、1953年からフリーで漫画、ラジオコント、テレビ番組の脚本などを手掛け、73年月刊絵本「キンダーブック」に「あんぱんぱん」が初登場。88年に日本テレビ系列で「それゆけ!アンパンマン」がテレビアニメーションとして放送開始となった。

90年に「アンパンマン」シリーズで日本漫画家協会大賞受賞。91年には春の叙勲で勲四等瑞宝章を受章している。

アンパンマンの声を約25年務めている声優、女優の戸田恵子(56)が15日、マスコミ各社へのファクスで追悼コメントを発表した。
「やなせ先生こそがアンパンマンそのものでした。いつでも優しさで私達を包んでくださり、分けあうことを教えてくださった。ただひたすらありがとうございましたと感謝を申しあげるしかないのですが、今は決してなくしてはいけない大切な道しるべを喪(うしな)った感覚です。悲しすぎて全く力が入りません。合掌」と大きすぎるショックを語っている。

現役最高齢の漫画家とし活躍されてきた"やなせたかし氏"でしたが、日本の漫画史にとって偉大な功績を残されました。
でもいつも「愛と結城を」くれたアンパンマンは私達の心のなかに、永遠に生き続ける事でしょう。ご冥福をお祈り申し上げます。

 カテゴリ

市川団十郎 病気肺炎をこじらせ死去

江戸歌舞伎伝統の「荒事(あらごと)」を継承し、「勧進帳」の弁慶など豪快な役柄を得意とした歌舞伎俳優で日本芸術院会員の十二代目市川団十郎(いちかわ・だんじゅうろう、本名・堀越夏雄=ほりこし・なつお)さんが3日午後9時59分、肺炎のため死去した。

市川団十郎.jpg

66歳だった。昨年12月、京都・南座での歌舞伎公演中に肺炎をこじらせ、休演。入院し、療養を続けていた。

十一代目市川団十郎の長男。1953年に市川夏雄の名で初舞台を踏み、58年に六代目新之助、69年に十代目海老蔵を襲名した。荒事と呼ばれる力強い演技様式を江戸時代に創始した初代団十郎以来続く大名跡を、85年に継承した。市川家の芸である「歌舞伎十八番」の「勧進帳」や「助六(すけろく)」「鳴神(なるかみ)」などで、豪快でおおらかな魅力を発揮する一方、新作や古い作品の復活上演にも意欲的に取り組んだ。
最新記事一覧
Copyright © 芸能News読んでミソ! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

FXプライムの評判

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。