So-net無料ブログ作成
検索選択

テレビ番組のカテゴリ記事一覧

最新記事一覧

カテゴリ:テレビ番組

テレビ番組のカテゴリ記事一覧。芸能Newsを日々綴ります。

テレビ番組
木村拓哉主演のドラマ『安堂ロイド~ A.I. knows LOVE?~』(TBS系)の第2話が、TBS系にて10月20日(日)21時より放送される。木村が大学教..

記事を読む

1..

テレビ番組
10月20日(日)21時から『行列のできる法律相談所 さんまVS怒れる美女軍団SP』(日本テレビ系)を放送! 明石家さんまが『行列』のMCとなって、ゲストが抱え..

記事を読む

テレビ番組
フジテレビ「知りたがり!」(月~金曜後2・00)が3月で終了し、4月からフリーアナウンサーの西尾由佳理(35)がメーンキャスターを務める新しい情報番組がスタート..

記事を読む

テレビ番組
歌手で俳優、福山雅治(43)が2007年に天才物理学者・湯川学を演じて大ヒットしたフジテレビ系連続ドラマ「ガリレオ」が、4月スタートの同じ同局月9枠で6年ぶりに..

記事を読む

テレビ番組
フジテレビ日曜夜の報道番組『Mr.サンデー』のキャスター、滝川クリステルが4月の番組改編を機に降板することが分かった。3月いっぱいで出演を終え、同局の椿原慶子ア..

記事を読む

テレビ番組
フジTV 料理の鉄人の「焼き直し」番組『アイアンシェフ』が3月で終了するま~ 「でしょ!」って感じですな今更って感じの番組だったから、当然でしょ主宰の玉木宏もし..

記事を読む

『安堂ロイド』第2話

木村拓哉主演のドラマ『安堂ロイド~ A.I. knows LOVE?~』(TBS系)の第2話が、TBS系にて10月20日(日)21時より放送される。
木村が大学教授で天才物理学者・沫嶋黎士(まつしま・れいじ)と、100年後から来たアンドロイド・安堂ロイドの2役を演じることで、放送前から話題沸騰。婚約者の安堂麻陽(柴咲コウ)を守るため、黎士の作ったロイドが命をかけて彼女を守り抜くという、時空を超えた究極のラブストーリーだ。ロイドは何故2113年から麻陽を護るためにやって来たのか、ロイドに麻陽の命を守る使命を依頼したのは一体誰なのかが見どころだ。



第2話では、新たな暗殺者が出現し、麻陽に襲いかかる。婚約者を突然失ったショックから衝動的に地下鉄のホームで線路に飛び込んでしまった麻陽は、間一髪のところでロイドに救出される。黎士の死とロイドの出現に心の整理が追いつかないまま、自分を心配して探しに来た部下の星(桐谷)と共に会社に戻った麻陽だったが、新たな暗殺者・キュリー(柿澤勇人)が、麻陽の命を狙うため会社に侵入して来る。社内の警報アラームにより不正侵入者の存在に気付いた麻陽は、キュリーが自分を襲ったラプラス(福田彩乃)と同様の暗殺者だと察する。麻陽は会社をちょうど訪ねて来ていた七瀬(大島)の身にも危険が及ぶことに気付いたと同時に、キュリーが2人に襲い掛かってくる。

一方、地下鉄のホームでは、刑事の葦母(遠藤)が現場検証にあたっていた。目撃情報はあるものの死体が見つからず捜査が混乱する中、ホーム天井の一部が落下しての事故と結論付けられたが、1日のうちに2度も殺されかけた麻陽の姿を目撃していた葦母は、麻陽に何か裏があると感じる。

そんな中、サプリ(本田翼)の手当てを受けて体の回復に努めていたロイドにも、キュリーと共に放たれた暗殺者・バルス(柿澤/2役)が襲い掛かる……。


「安堂ロイド」 第2話 投稿者 BkyuDouga

また台湾で『安堂ロイド』が10月19日から放送開始となるのだそうで、日本から遅れることわずか6日、というスピード放送だ。日本語専門チャンネル「緯來日本台」での放送で、タイトルは『A.I.人工智慧男友』。毎週金曜日夜10時の枠となる。中国語字幕が付いていることを踏まえれば、ほぼリアルタイムに見られる感覚だろう。緯來日本台の掲示板には、「視聴率を気にすることなく、木村がんばれ!」「日本と同時放送に期待します」といった木村ファンの書き込みが見られた。

長澤まさみ『行列のできる法律相談所 さんまVS怒れる美女軍団SP』ドラマで共演の大物に激怒!?

10月20日(日)21時から『行列のできる法律相談所 さんまVS怒れる美女軍団SP』(日本テレビ系)を放送! 明石家さんまが『行列』のMCとなって、ゲストが抱えるモメ事をどっちが悪いか判定する恒例SPの第4弾。長澤まさみら、豪華ゲストが登場する。


長澤まさみ写真集 そら

なでしこジャパン・大儀見は、2011年のドイツワールドカップ後に、8歳年上のイケメンメンタルトレーナーと結婚。そんな大儀見が夫に対して怒っていることとは、とても「メンタルトレーナー」とは思えない夫の行動だった! また、元大関・魁皇、現・浅香山親方と1999年に結婚した古賀充子。元女子プロレスラーである彼女は、なんと20年ぶりのバラエティ番組出演だという。そんな古賀が夫に対して持っている不満とは!?

そして、女優・長澤まさみが怒っている相手とは、ドラマで共演したある大物だった。その大物とは? そして怒っている理由とは? また、お笑いタレント・ハイヒールモモコは、テレビ番組のお見合い企画で知り合った政仁さんと1993年に結婚。そんな夫に浮気の兆候が……!? さらに、1993年に松本伊代と結婚し、今年で結婚20年のヒロミは、伊代の意味不明な行動に困っているという。いったいどんな行動なのか。ほか、2010年に玉置浩二と結婚した青田は、夫にたくさんの不満があるというが、今回は全部ぶちまけることに。果たして、それぞれのモメ事に対するさんまのジャッジは?

西尾由佳理アナ 知りたがり!後番組のキャスターに

フジテレビ「知りたがり!」(月~金曜後2・00)が3月で終了し、4月からフリーアナウンサーの西尾由佳理(35)がメーンキャスターを務める新しい情報番組がスタートすることが27日、分かった。フジテレビの期待を背負って、日テレの元エースが登場する。

西尾由佳理.jpg

西尾由佳理は11年8月に日本テレビを退社後、帯番組を担当するのは初めて。視聴率の上で同時間帯の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に、水をあけられているフジが、元“日テレの朝の顔”を起用して対抗する。

西尾由佳理は「ぜひ(新番組に)参加させていただきたいと思いました。期待にお応えできるよう頑張ります」と気合を込めている。

西尾由佳理は日テレ時代に2005年から約6年間、朝の情報番組「ズームイン!!SUPER」の司会を務め、10年にはオリコンの「好きな女性アナウンサーランキング」で1位に輝いた人気アナ。爽やかな美貌と安心感のあるアナウンス力に定評があり、退社後もフリーとして番組司会やCMで幅広く活躍している。

西尾由佳理にとっては「ズームイン!!SUPER」に出演していた11年以来、2年ぶりの帯番組となる。

ドラマ「ガリレオ」福山雅治の相棒に吉高由里子で月9枠に帰ってくる

歌手で俳優、福山雅治(43)が2007年に天才物理学者・湯川学を演じて大ヒットしたフジテレビ系連続ドラマ「ガリレオ」が、4月スタートの同じ同局月9枠で6年ぶりに帰ってくることが23日、分かった。続編のタイトルは未定で、相棒が柴咲コウ(31)から吉高由里子(24)へバトンタッチされる。吉高は6月29日公開の「ガリレオ」シリーズ映画版「真夏の方程式」にも出演。柴咲も連ドラ第1話に出演するなど見どころ満載だ。

「もう少し早くできればと思っていたんですが…1年間の連続ドラマが入っていたので、遅くなってしまいました(笑)。本当にお待たせしました」

1年間のドラマとは、坂本龍馬役で主演した10年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」。ユーモアたっぷりにコメントした福山は「待ってくださった皆さんより、僕の方が待ち遠しかったのかもしれません。早く撮影したいし、早く観たいし、早く観ていただきたい」と続け、心躍らせている。

フジテレビ系全国ネット月9ドラマ「ガリレオ」オリジナルサウンドトラック

今回のドラマの原作は作家、東野圭吾氏(54)の累計発行部数950万部超という大人気ミステリー「ガリレオ」シリーズ全8作のうち、2008年から昨年にかけて出版された4作に決まった。主人公は、容姿端麗で頭脳明晰ながら、子供嫌いで理屈屋の“変人”ガリレオ(湯川学=福山)。注目は彼の“相棒”だ。

前作と08年の映画「容疑者Xの献身」では、柴咲が新人女性刑事・内海薫を演じた。今作は原作にないオリジナルキャラクター、警視庁捜査1課の若手女性刑事・岸谷美砂役を用意し、吉高を抜てきした。柴咲・内海から吉高・岸谷に任務を引き継ぐ形だ。

フジ制作側は「福山ガリレオとコンビを組む相手は新米に近い女性刑事がふさわしい」と説明。一方で「内海も卒業ではなく、ガリレオファミリーの一員」とし、柴咲は第1話に出演して成長した内海刑事の姿を見せる。また、今後も要所で出演する可能性があるという。

柴咲は「訳あって後輩刑事を湯川先生に紹介することになります。先輩刑事として後輩刑事の奮闘を応援しています」と吉高にエールを送る。福山と初共演となる吉高は「ガリレオは多くの方に愛されてきた作品。うれしくもあり、プレッシャーでもありますが、精一杯頑張ります」と初々しいコメントで誓った。

前作は平均21・9%の高視聴率を獲得。新たなコンビで怪事件を爽快に解決し、前作超えの視聴率を目指す!

★6・29公開映画版には杏も

今夏公開が発表されている映画版「真夏の方程式」(西谷弘監督)には、事件の鍵を握る女性・成実役で杏(26)の出演が決定した。物語は、湯川が海底鉱物資源の開発計画説明会のため訪れた海辺の町で、男性変死事件が発生する。開発計画に反対する環境運動家、成実と事件の関係をさぐることになり…。

映画版には新パートナー・岸谷役の吉高、前作から続投の草薙俊平刑事役、北村一輝(43)も出演。公開日は6月29日に正式決定し、4月期の連ドラ版と連動して今春は“ガリレオ祭”が盛り上がりそうだ。

滝川クリステル ミスターサンデー降板 現場の評判は最悪……

フジテレビ日曜夜の報道番組『Mr.サンデー』のキャスター、滝川クリステルが4月の番組改編を機に降板することが分かった。3月いっぱいで出演を終え、同局の椿原慶子アナと交代する。

番組関係者は「内容のリニューアルに伴うもの」と平静を装っているが、実のところ多くのスタッフが「やっと消えてくれるか」と冷たい表情を見せている。滝川は約2年半前から宮根誠司とキャスターを務め、宮根特有の軽快なやりとりに助けられてきたものの、関係者からの評判はよくなかったようだ。

「女子アナといえどアナウンサーとしてのスキルが低く、台本以上のことができない。基本的にニュースを勉強していないし、かといって自分の言葉も出せないから、スタッフの台本作りも時間がかかった。番組開始当初は宮根さんの話に相づちを打つタイミングすらズレていて、宮根さんも相当苦労していた」(番組スタッフ)

CREA (クレア) 2010年 04月号 [雑誌]

以前、フジの『ニュースJAPAN』でキャスターを7年間も務めていた滝川だが、このときも解説は男性アナとゲストに任せっきりで、自身は原稿読み主体だった。2009年にフジとの専属契約を解除したが、活躍の場はCM出演が主体。特番の司会業は何度かあったものの、アナウンサーとしての仕事を広げようという気配はないままだった。

「実は、彼女のCM出演は番組作りにも悪影響だったんです。一部企業にとって都合の悪い事象は滝川サイドからNGが出て、あるときは彼女に“病欠”してもらったほど。大震災当時まで東京電力のCMに出ていたからか“東電批判は困る”なんて話も出てきて、スタッフ一同激怒したことも」(同)

そもそもCM出演を含めた滝川の財界とのつながりが、キャスターとして使いにくいという声もあった。

「東電CMに出たのも、原発事故のA級戦犯といわれる清水正孝・元社長との親交から生まれたものですし、逮捕された大王製紙の元社長と交際していたり、彼女はセレブ志向がやたら強いので、マスコミ側にいるという意識がないのも問題」

現場では女優ばりの上から目線な振る舞いが若いスタッフたちから反感を買っていたという話もあり、また番組内で恋愛ゲームに夢中のオタクたちを扱ったときは「もういいですよ」と嫌悪感をあらわにして、視聴者から「何様のつもりだ」と抗議の電話が殺到したこともあった。

一方で、先日は「なぜこの人が?」と思うようなフランスの芸術文化勲章受章でご満悦。これにも番組スタッフは「本人の志向が、大衆目線で情報を伝えるという職業に向いていないことは明らか。CMタレントとして自分がかっこよく映る仕事だけしていてくださいって感じです」と冷たく言い放っている。

アイアンシェフ 視聴率低迷で打ち切り決定

フジTV 料理の鉄人の「焼き直し」番組『アイアンシェフ』が3月で終了する
ま~ 「でしょ!」って感じですな

今更って感じの番組だったから、当然でしょ
主宰の玉木宏もしっくり来なかったし
新しい「鉄人」もなんかチンケな感じだったし、重みが無いよね

重みが有るのは、セットだけ」って悲しいぞ

てか、今のテレビって『食いもん』ばっかやってね~?
『食いもんやれば、数字取れますから、ここはドド~ンと予算をかけて・・・』
みたいなノリで番組創っても、視聴者はもうウンザリしてる

韓流でつまずき、ドラマで失敗、フジの没落はどこまで続く








以下ゲンダネットより


昨年10月、13年ぶりに復活した「アイアンシェフ」(フジテレビ)が、残すところ“余命2カ月”であることが日刊ゲンダイ本紙の取材で分かった。

93年から6年間放送した「料理の鉄人」の焼き直し。視聴率3冠奪回の切り札として、特に力を入れていた番組だけに、「セットだけでも数千万円の制作費がかかっている。とても2クールで回収できる額ではありません」(番組制作関係者)。

現場の雰囲気は悪くなかったというが、フジがこれだけ早く見切りをつけたのは、一向に視聴率が上がらないからだ。

初回こそ2ケタをマークしたが、その後は6~8%台。大晦日には紅白の裏で6時間の特番を放送したが、最終的には4%前半まで数字が落ち込んだ。今年に入ると、イタリアンレストランを舞台とした江口洋介主演のドラマ「dinner」に主宰の玉木宏が“飛び入り出演”するなど、巻き返しを図ったが、18日放送の視聴率は6.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。同時間帯ワーストだった。

「打ち切りは、視聴率3位に転落したフジの現状を象徴するような出来事。苦し紛れに“昔の名前”に手を出し、食い潰して終わった。前作と代わり映えのない、安易過ぎる演出にも問題があったが、上層部が口を出し、現場が萎縮してダメになる典型的なパターンでした」(前出のフジ関係者)

グルメ評論家の友里征耶氏がこう言う。
「私は『黒木』の主人が和の鉄人として出演すると聞いてから、一層の混雑を見越して1年先の予約まで取りましたが、これほど早く打ち切りとなるとは……取り越し苦労で終わってしまいました。とにかく、毎回出場する挑戦者の小粒感たっぷりなこと。食サイトのコンテストで優勝した地方の店や廉価チェーン店のシェフが続々と登場するなど、レベルが低すぎる。懸念した通りの展開になりました。3人の鉄人も笑い話にするしかないのではないでしょうか」

フジの大多亮常務は初回収録に立ち会い、「久しぶりに鳥肌が立った」と語っていたが、風邪のひき始めだったのでは?
最新記事一覧
Copyright © 芸能News読んでミソ! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

FXプライムの評判

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。