So-net無料ブログ作成

事件・事故のカテゴリ記事一覧

最新記事一覧

カテゴリ:事件・事故

事件・事故のカテゴリ記事一覧。芸能Newsを日々綴ります。

事件・事故
東京都三鷹市で私立高3年の女子生徒(18)が刺殺された事件で、逮捕された無職池永チャールストーマス容疑者(21)の京都市右京区にある自宅のパソコンから、犯行計画..

記事を読む

事件・事故
言わずと知れた、米大リーグ・レンジャーズ所属のダルビッシュ有投手の弟、ダルビッシュ翔が傷害容疑で逮捕されました。知人の少年を殴ってけがをさせたとして、大阪府警羽..

記事を読む

事件・事故
「明日 新宿アルタ 放火、タモリ 目抉り出し、殺す」と10月14日午後8時30分過ぎに、2ちゃんねるの掲示板に殺害予告とも取れる書き込みがされたそこには「明日 ..

記事を読む

事件・事故
13日朝、タクシーの運転手を殴ったとして、暴行の疑いでサッカー元日本代表の前園真聖容疑者が現行犯逮捕された。12年目の真実 マイアミの奇跡を演出した男/前園真聖..

記事を読む

事件・事故
25日午後、栃木県北部を震源とする地震があり、日光市で震度5強の揺れを観測しました。余震も相次いで起きていて、気象庁は揺れの強かった地域では土砂災害や雪崩などの..

記事を読む

事件・事故
ロシア非常事態省などによると、ウラル地方チェリャビンスク州で15日午前9時20分(日本時間午後0時20分)ごろ、隕石(いんせき)が落下し、学校のガラスを割るなど..

記事を読む

事件・事故
菅官房長官は、緊急に記者会見し、気象庁が12日正午前、北朝鮮北東部で地震とは異なる特異な振動の発生を観測したことを受け、「本件地震は、過去の地震を踏まえると、北..

記事を読む

事件・事故
遠隔操作ウイルス事件で、警視庁などの合同捜査本部に威力業務妨害容疑で逮捕された東京都江東区に住む片山祐輔容疑者(30)が、平成17年にインターネット掲示板に大手..

記事を読む

事件・事故
準強姦罪に問われていた、男子柔道 内柴正人被告の裁判で今日判決が降りました。裁判の焦点は『合意』があったかどうかが争点でしたが東京地裁は、検察側の求刑通り『懲役..

記事を読む

事件・事故
スイス在住の<資産家夫婦>が行方不明になり、29日埼玉県久喜市佐間の更地に遺棄された遺体が見つかった。そして、沖縄県宮古島市で死体遺棄容疑で職業不詳、桑原隆明容..

記事を読む

三鷹・高3刺殺 池永チャールストーマス容疑者 自宅PCに犯行計画メモ

東京都三鷹市で私立高3年の女子生徒(18)が刺殺された事件で、逮捕された無職池永チャールストーマス容疑者(21)の京都市右京区にある自宅のパソコンから、犯行計画とみられるメモが見つかっていたことが警視庁への取材でわかった。警視庁捜査1課は復縁を断られ恨みを募らせた池永容疑者が、周到に殺害準備を進めていたとみて分析を急いでいる。

池永チャールストーマス.jpg

同庁幹部によると、パソコンは京都市右京区の池永容疑者の自宅から押収された。メモは、事件の半月前の9月20日に作成され、ナイフや手袋のほか、「ロープ」なども列挙されていたという。このほか、東京への移動費用とみられる金額も記されていた。

同課によると池永容疑者は27日、夜行バスで友人と上京。翌28日には、女子生徒宅に近いJR吉祥寺駅付近の量販店で凶器のペティナイフを購入していたことが判明している。池永容疑者は事件後にナイフや軍手、バッグを捨てて逃走したが同課が押収。弁護人によれば、池永容疑者は事件後に自殺しようと、ロープをあらかじめ準備していたという。

パソコン上でメモを最後に更新したのは同27日で、池永容疑者はこの日に夜行バスで上京し、その後、東京・吉祥寺でナイフを購入していたほか、現場近くに捨てられていた同容疑者のバッグからは、血のついた手袋とロープが見つかっている。

一方、同課は池永容疑者が女子生徒に「殺すぞ」などとメールを送ったとする学校関係者の情報について、「そうした事実はなかった」と明らかにした。

ダルビッシュ翔(Dark翔)傷害容疑で逮捕

言わずと知れた、米大リーグ・レンジャーズ所属のダルビッシュ有投手の弟、ダルビッシュ翔が
傷害容疑で逮捕されました。



知人の少年を殴ってけがをさせたとして、大阪府警羽曳野署は15日、傷害容疑で、同府藤井寺市のスポーツマネジメント業、ダルビッシュ翔容疑者(24)を逮捕した。翔容疑者は「態度が気に食わず、腹が立っていた」と容疑を認めているという。

翔容疑者は米大リーグ・レンジャーズ所属のダルビッシュ有投手の弟。今年、「Dark翔」のリングネームで格闘家としてもデビューしていた。

逮捕容疑は、羽曳野市や藤井寺市の18、19歳の少年3人と共謀し10月3日から翌日にかけて、翔容疑者の自宅など3カ所で、知人の少年(19)の顔面を拳で殴りつけるなどの暴行を加え、軽傷を負わせたとしている。

 カテゴリ

2013.10.15 タモリ殺害予告 2chに書き込み

「明日 新宿アルタ 放火、タモリ 目抉り出し、殺す」
と10月14日午後8時30分過ぎに、2ちゃんねるの掲示板に殺害予告とも取れる書き込みがされた

タモリ殺害予告.jpg

そこには「明日 新宿アルタ 放火、タモリ 目抉り出し、殺す」と書き込みされており、犯行予告がまとめられているサイト『予告in』にも情報が寄せられ、すでに警察に通報済みとなっているようだ。

この犯行予告が書き込みされたのは2013年10月14日(月)の夜。つまり「明日」とは15日(火)のことを意味し、新宿アルタとも書かれていることから、フジテレビの人気番組『笑っていいとも』の撮影時に実行するつもりだろうか?

殺害予告は決して許される行為ではない。「放火」や「目をえぐり出し」などの凶悪な言葉を使っての犯行予告であり、重大な事件に発展する前に、なんとか犯人を逮捕してほしいものである。放送中に何も起きなければいいのだが……。

ただのイタズラで終わればいいのですが・・・
未だにこの手の、犯罪予告めいた書き込みが絶えないですね~
こんな書き込みしても直ぐに、個人を特定されてしまうことが分からないのでしょうか?

前園真聖 タクシー運転手に暴行容疑で逮捕

13日朝、タクシーの運転手を殴ったとして、暴行の疑いでサッカー元日本代表の前園真聖容疑者が現行犯逮捕された。


12年目の真実 マイアミの奇跡を演出した男/前園真聖

警視庁によると前園容疑者は13日午前9時過ぎ、東京・世田谷区の路上で45歳のタクシー運転手の男性の右ほほなどを殴ったという。

前園容疑者は当時、酒に酔っていたということで、タクシーの料金を支払わずに降りたところ、運転手と口論になったという。

前園容疑者は警視庁の調べに対し「酔っ払っていて覚えていない」などと話しているという。

所属事務所のサニーサイドアップは報道陣向けにリリースを配布し、「このような事態を招きましたこと、謹んでお詫び申し上げます」と陳謝。「現在、弊社といたしましても詳しい事実確認が取れていない段階でございますが、本人はこのような事態になってしまったことを猛省しているという弁護士からの報告を受けております。今後、事実確認が取れ次第、改めて対応をご報告させていただきます」とコメントしている。

わ~!前園さん、やっちゃいましたね~
しかし、警察沙汰になる前に、なんとか当事者どうしで解決出来なかったんでしょうかね?

震度5強 栃木県北部で強い揺れ

25日午後、栃木県北部を震源とする地震があり、日光市で震度5強の揺れを観測しました。
余震も相次いで起きていて、気象庁は揺れの強かった地域では土砂災害や雪崩などの危険性が高くなっているため今後の余震に十分注意するよう呼びかけています。

地震.jpg

25日午後4時23分ごろ、栃木県北部を震源とするマグニチュード6.2の地震があり、日光市で震度5強を観測しました。
また、震度4を栃木県那須塩原市と群馬県沼田市、片品村それに福島県檜枝岐村で観測しました。
また震度3の揺れを関東と新潟県で観測したほか、震度2から1の揺れを東北と関東甲信越、富山県、石川県、それに静岡県の各地で観測しました。
気象庁の観測によりますと、震源地は栃木県北部で震源の深さは10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.2と推定されています。
この地震のあと、午後4時34分ごろには日光市で震度4の揺れを観測する地震が起きたほか、体に感じる余震が相次いで起きています。
揺れの強かった地域では土砂災害や住宅の倒壊の危険性が高くなっているほか、積雪の多い地域では雪崩や屋根からの落雪のおそれがあるため気象庁は、今後の余震に十分注意するよう呼びかけています。

震度5強 温泉旅館に被害も

震度5強を観測した栃木県日光市の奥鬼怒温泉にある旅館「加仁湯」の従業員によりますと、揺れのあと、厨房やレストランの棚から食器やガラスなどが落ちて割れたということです。
当時、旅館には宿泊客およそ30人がいましたが、けが人はないということです。
従業員の男性は、「しばらく縦揺れが続き非常に怖かった。
棚から食器などが落ちたりしたが、けが人は出ていません。
宿泊客は現在、ロビーに集まって様子を見ています」と話しています。
また、日光市消防本部によりますと、奥鬼怒温泉の周辺で雪や土砂で道路が塞がれているという通報があったということです。
原因が地震によるものかは分かっていませんが、消防本部では職員を派遣して、現場の状況を確認することにしています。

ロシア ウラル地方に隕石が落下YouTube動画 ガラスなどで150人負傷か

ロシア非常事態省などによると、ウラル地方チェリャビンスク州で15日午前9時20分(日本時間午後0時20分)ごろ、隕石(いんせき)が落下し、学校のガラスを割るなどして約150人が負傷し、病院で手当てを受けた。重傷者はおらず、死者の情報はない。

地元住民によると、同州の上空で閃光(せんこう)が光った後に5、6回の爆発音が聞こえたため、一時は「飛行機が上空で爆発したのか」「ミサイルが飛んで来たのか」などと騒ぎになったという。

ギベオン隕石

非常事態省は地元住民に対し、パニックに陥らないように呼び掛けた。

■ロシア 隕石落下YouTube衝撃映像集


■ロシア 隕石落下 衝撃音 YouTube衝撃映像

3回目の核実験か?北朝鮮で揺れ観測、震源は核実験場付近か

菅官房長官は、緊急に記者会見し、気象庁が12日正午前、北朝鮮北東部で地震とは異なる特異な振動の発生を観測したことを受け、「本件地震は、過去の地震を踏まえると、北朝鮮の核実験に伴い発生した可能性があると考えている」と述べました。
そのうえで、「本件地震の報告を受けて、関係省庁幹部を緊急参集させるとともに、北朝鮮による核実験に関する対策室を立ち上げた。

キム・ジョンウン.jpg

安倍総理大臣には直ちに報告し、▽関係省庁においては、緊張感をもって情報収集・分析に努めること、▽国民に的確な情報提供を行うこと、▽アメリカや韓国など関係国と連携を図ることの3つについて指示があった。
総理大臣からの指示を踏まえ、関係国と連絡を取り、事実関係を確認している」と述べ、政府として情報の確認を急ぐ考えを示しました。



北朝鮮で揺れ、震源は核実験場付近か 米USGS

(CNN)米地質調査所(USGS)は12日、北朝鮮北部で地震のような揺れを観測したと発表した。

震源は過去2回の核実験が実施された付近という。揺れの規模はマグニチュード(M)4.9で、震源の深さは約1キロ。

国営朝鮮中央通信は同日、北朝鮮が朝鮮労働党の会議で「強力な全面行動」に出る方針を確認したと伝えていた。

朝鮮中央通信によると、同会議は「人工衛星と長距離ロケットの打ち上げを継続する必要性を強調」するとともに、「命令が出れば即座に米国と韓国のかいらい軍を壊滅させ、朝鮮の歴史的統一を成し遂げるため、強力な全面行動を実行し、準備に総力を挙げる」と宣言していた。

国連安全保障理事会は先月、北朝鮮が12月に衛星を搭載した長距離ロケットを打ち上げたことを受け、制裁強化の決議を採択した。

これに反発した北朝鮮は、核実験の実施と再度の長距離ロケット打ち上げを予告し、米国に対する敵対姿勢を強めていた。

米当局者は、北朝鮮はいつでも核実験を実施できる状況にあるとの見方を示していた。

なりすまし 遠隔操作ウイルス事件で片山祐輔 容疑者逮捕

遠隔操作ウイルス事件で、警視庁などの合同捜査本部に威力業務妨害容疑で逮捕された東京都江東区に住む片山祐輔容疑者(30)が、平成17年にインターネット掲示板に大手レコード会社社長らの殺害予告を書き込んだとして、脅迫容疑などで逮捕されていたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。

遠隔操作.jpg

同罪などで起訴され、懲役1年6月の実刑判決を受けた。真犯人は神奈川県藤沢市の江の島で見つかった記録媒体に「以前、事件に巻き込まれたせいで、無実にもかかわらず人生の大幅な軌道修正をさせられた」などと残しており、合同捜査本部は警察などへの逆恨みから犯行を計画したとみて詳しい動機を調べる。

捜査関係者によると、片山容疑者はネット掲示板「2ちゃんねる」に仙台市の女児の殺害予告を書き込んだとして、宮城県警に17年10月に脅迫容疑で逮捕。同様に大手レコード会社社長に対しても殺害予告などをしたとして、警視庁に同年11月に再逮捕されるなどしていた。

真犯人は昨年10月に報道機関などに送った犯行声明メールでも、「私の目的」として「『警察・検察を嵌(は)めてやりたかった、醜態を晒(さら)させたかった』という動機が100%です」とつづっており、合同捜査本部が関連を調べている。


防犯カメラ映像で捜査が“リアル空間”へ

最大の決め手となったのは、防犯カメラからの捜査でした。
合同捜査本部は、当初、遠隔操作や犯行声明とみられるメールが、どこから送信されていたのかを調べましたが、発信元の特定を難しくする特殊なソフトが使われるなどしており捜査は難航しました。
しかし、先月になって真犯人を名乗る人物から報道機関などに再びメールが送りつけられたことで、捜査は急展開します。
先月5日のメールには、「新春パズル」という名前のクイズが書き込まれており、これを解いていくと、神奈川県の江の島にいるネコの首輪に記憶媒体を取り付けたことを示す写真が掲載されていました。

合同捜査本部が調べたところ、実際に、江の島でよく似たネコの首輪からマイクロSDカードが見つかり、さらに、近くの防犯カメラに猫に近づく不審な男が映っていたのです。
周辺にある駅などの防犯カメラの映像をさらにたどっていくことで、記憶媒体を取り付けたとみられる男を特定し、裏付け捜査を進めた結果、遠隔操作事件にも関わった疑いが強まったということです。
男の動きがサイバー空間から、警察の従来の捜査手法が生かせる現実の世界に移ったことで、捜査は大きな展開を見せました。


ポイントは手口と動機解明

今後の焦点は、警察に4人の男性を誤認逮捕させるに至った犯行の詳しい手口と動機の解明です。
まず手口について、合同捜査本部では遠隔操作ウイルスが作られた経緯や、ウイルスを使った遠隔操作の具体的な手口などの捜査を進める方針です。
男の自宅などの捜索を行い、パソコンなどを押収し犯行の詳しいいきさつを調べることにしています。

犯行の動機については、弁護士などに送りつけられた犯行声明のメールの中に、動機をうかがわせる文章があります。
この中では「警察・検察をはめてやりたかった、醜態をさらさせたかったという動機が100%です」などと書かれていました。

さらに、「警察・検察のかたへ、あそんでくれてありがとう。またいつかあそびましょうね」などと、捜査当局を挑発するような内容も書かれていました。
こうしたことから、男は警察や検察に対して何らかの恨みを持っていた可能性があります。
合同捜査本部では男から詳しく事情を聞いて、動機の解明を進める方針です。

内柴正人被告 裁判判決 懲役5年の実刑判決

準強姦罪に問われていた、男子柔道 内柴正人被告の裁判で今日判決が降りました。
裁判の焦点は『合意』があったかどうかが争点でしたが
東京地裁は、検察側の求刑通り『懲役5年』の実刑判決を言い渡しました。

「被害者の証言は十分信用できるが、被告の供述は全く信用できない」と断罪。

被害者の女性は事件後、自殺を図ったり大学にも行けず友達も彼氏も全部奪われ「尊厳を否定された」として懲役20年を求めていた。

内柴正人.jpg

■以下Yahooニュースより

指導していた大学の女子柔道部員を合宿先のホテルで乱暴したとして、準強姦(ごうかん)罪に問われたアテネ、北京両五輪の金メダリスト・内柴正人被告(34)の判決公判が1日、東京地裁で開かれ、鬼沢友直裁判長は検察側の求刑通り懲役5年の実刑判決を言い渡した。

判決理由について鬼沢裁判長は「被害者の証言は十分信用できるが、被告の供述は全く信用できない」とした。

「性的関係は合意の上」と無罪を主張する被告の供述と女子部員の証言内容が食い違い、双方の信ぴょう性が争点となっていたが、検察側は12月26日の論告求刑公判で「被告の性道徳観念は破綻しきっている。このまま社会に出すのは危険。矯正施設に収容すべきだ」として懲役5年を求刑していた。

最終弁論で内柴被告の弁護人は、「酔って寝ている間に乱暴された」とする女子部員の証言を「不自然で不合理」と指摘。ホテルの部屋から逃げ出したり、助けを呼んだりしなかったことや、事件後の日中に内柴被告と2人きりで約6時間も過ごしたことなどを挙げ「被害者の行動にそぐわない」と主張していた。

一方、被害者の女子部員は事件後、睡眠薬を大量にのんで自殺を図り、大学にも行っておらず「被告に大好きな柔道も、大学も友達も彼氏もみんな奪われた。一生許すつもりはありません」と、厳しい判決を望んでいた。代理人弁護士は「尊厳を否定された」として懲役20年を求めていた。

起訴状によると、10年4月から九州看護福祉大(熊本県玉名市)でコーチとなった内柴被告は、同大学女子柔道部の合宿が行われた11年9月20日未明、東京都八王子市のホテルで酒に酔って熟睡していた部員に乱暴したとしている。

<資産家夫婦殺害>宮古島で主犯格の男、自殺を図り意識不明

スイス在住の<資産家夫婦>が行方不明になり、29日埼玉県久喜市佐間の更地に
遺棄された遺体が見つかった。

資産家-2.jpg

そして、沖縄県宮古島市で死体遺棄容疑で職業不詳、桑原隆明容疑者(41)が逮捕された。

この事件で、主犯格と見られる男(43歳)が逃亡先の宮古島で自殺を図り、意識不明の状態で発見された。
男は、ファンドマネージャーの被害者に投資の顧客を装い、偽のパーティーに誘い出し連れ去ったとと思われる。

事件の全容が未だに不明な、この事件で主犯格の男が仮に死亡してしまうような事になると、「尼崎連続殺人事件」のように事件の全容解明が困難になる可能性がある。

なお主犯格の男と、先に逮捕された桑原隆明容疑者(41)の関係については今後の捜査の行方を見守らなければならなそうだ。

いずれにしても、この事件には複数の人間が関わっていると思われる
ほかの共犯者の確保が急がれる。



■以下ニュースソースより

行方不明になっていた金融会社役員で資産家の霜見誠さん(51)と、妻の美重さん(48)とみられる遺体が見つかった事件で、警視庁が死体遺棄容疑で逮捕状を取っていた霜見さんの知人で会社役員の男(43)が、沖縄県宮古島市内の病院に搬送されたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。薬剤を使い自殺を図ったとみられ、ほとんど意識はないという。

男は、霜見さん夫婦を架空のパーティーに誘い出し、連れ去ったとみられ、同庁築地署捜査本部は桑原隆明容疑者(41)=同容疑で逮捕=らに指示し事件を主導した疑いがあるとみている。

霜見さんが失踪前日、スイスの銀行から国内の銀行口座に700万円を移し、うち500万円を引き出していたことも判明。夫婦は日常の買い物などにはクレジットカードを使っており、多額の現金を引き出すことはほとんどなかったといい、捜査本部はこの現金を持ったまま連れ去られた可能性があるとみている。

宮古島市の消防によると、同市城辺比嘉で29日午後4時すぎ、「40代の男性が薬剤を使って意識が混濁している」と警察官から119番があり、男が病院に搬送された。 
最新記事一覧
Copyright © 芸能News読んでミソ! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

FXプライムの評判

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。