So-net無料ブログ作成

芸能ニュースのカテゴリ記事一覧

最新記事一覧

カテゴリ:芸能ニュース

芸能ニュースのカテゴリ記事一覧。芸能Newsを日々綴ります。

芸能ニュース
元おニャン子クラブの国生さゆりさんと、大阪のお笑い芸人、メッセンジャー黒田有(たもつ)さんが、真剣交際していると一部週刊誌が伝えました。国生さゆりさんは過去に2..

記事を読む

芸能ニュース
今年4月に自身のブログで、夫との離婚協議中であることをブログで明かした、元モーニング娘の加護亜依さんでしたがなんと、今度は傷害事件に巻き込まれてしまいました。加..

記事を読む

芸能ニュース
間宮祥太朗さんとモデルで女優の菜々緒さんの交際報道が話題になっていますが、間宮祥太朗さんてどんな人で、なにしてる人かイマイチ知らないので調べてみました。・199..

記事を読む

芸能ニュース
「カーヴィーダンス」の考案者でトレーナーの樫木裕実(50)。昨年12月、タレントのヒロミ(48)が経営するトレーニングスタジオから独立し、東京・中目黒に自らのス..

記事を読む

芸能ニュース
元日本テレビ社員だった次男が窃盗容疑などで逮捕された人気司会者のみのもんたさん(69)が26日、東京都内で記者会見を開き、事件後出演を自粛していたTBS系の二つ..

記事を読む

芸能ニュース
元オセロの中島知子が、このほど行われた文化放送の『大竹まこと ゴールデンラジオ!』(月~金 後1:00~3:30)の収録で、一連の騒動について語った。今年4月に..

記事を読む

芸能ニュース
松竹芸能所属のお笑いコンビ、TKOの木本武宏(42)が20日、関西テレビのバラエティー番組「お笑いワイドショー マルコポロリ!」に出演し、大阪から東京に進出後、..

記事を読む

芸能ニュース
口元のホクロがエロチックな人気モデルの藤井リナさん個人事務所を立ち上げてたんですねぇ、知らなかった^^;そんな藤井リナさんがTBSの日曜日の情報番組「サンデー・..

記事を読む

芸能ニュース
ジャニーズ事務所の人気アイドルグループ「KAT-TUN」の田中聖(27)が、9月末で専属契約を解除された。解雇の理由については、「度重なるルール違反行為があった..

記事を読む

芸能ニュース
窃盗容疑で逮捕された、御法川雄斗容疑者の父親、みのもんた氏『みのもんたの朝ズバッ!』を放送するTBSには一時期、連日のように右翼の街宣車が押しかけて抗議活動を行..

記事を読む

国生さゆり メッセンジャー黒田有(たもつ)が交際 元ダンナは

kuroda.jpg

元おニャン子クラブの国生さゆりさんと、大阪のお笑い芸人、
メッセンジャー黒田有(たもつ)さんが、真剣交際していると
一部週刊誌が伝えました。

国生さゆりさんは過去に2回の離婚歴が有り、
離婚してからはバラエティ番組への出演も増え、
サバサバした性格で人気もありまよねぇ。

■元ダンナはどんな人?

2000年に、中学時代に交際していたという彼女にとって
初恋の男性(上前拓郎さんと)と結婚しましたが、
結婚当初は故郷の鹿児島県内に住んで、
仕事のたびに東京へ出かける生活だったようですが、
わずか3年で離婚してしまったんですよ!

■2回目の元ダンナは?

そして2012年にコンサルタント会社社長の
甲田英司さんと2回目の結婚を果たします。
が・・・これまた1年7ヶ月で超スピード離婚(う~んオットコ前)
甲田英司さんとの結婚は、
住まいも知らなきゃ、連絡も取らない“仮面夫婦”以下だった!?
甲田英司さんの「愛人A子」さんに暴露され、
噂されていたオネエタレント「はるな愛」との仲や
超大物タレント親子の秘められた関係を吹聴していたことまで、
ぶちまけられましい、当時は連日大変だったと思いますね。

ちなみに、甲田英司さんはこんな立派な本を出されtます。


そんなワイドショーネタから開放され5年経った今、
以外なお相手のメッセンジャー黒田さんとの交際報道が
出てきたわけですが

「メッセンジャー黒田」さんとはどんな人なんでしょか?

メッセンジャー黒田さんは、大阪の吉本興業し所属する
メッセンジャーという「漫才芸人」さんです。
2009年にガールズバーで料金支払いを巡ってトラブルを起こし、
店長に対して一方的に暴行し、傷害容疑で一度逮捕されています。
結果的には、示談が成立して、起訴猶予処分で釈放されています。

国生さゆりさんとは、関西の番組共演をキッカケに距離を縮めたそうです。
元々黒田さんが「熟女好き」なのは周囲は知っていて
大阪の黒田さんの自宅周辺では、
度々国生さゆりさんが目撃されていました。

確かに大阪の黒田さんの番組で、
国生さゆりさんを見かける事は多かったですが、
まさか・・・って感じるのは私だけでしょうか?


女優・国生さゆり(48才)とお笑いコンビ・メッセンジャーの黒田有(45才)が真剣交際中であることが明らかになった。

 黒田は、大阪では絶大な人気を誇る芸人で、2014年1月にやしきたかじんさん(享年64)が亡くなった後、冠番組『たかじんNOマネー』(テレビ大阪)の司会を引き継ぎ、“ポストたかじん”と称されたこともある。過去には暴行事件で逮捕されるなど、破天荒な私生活でも知られる。

 5月下旬の夜8時すぎ。東京で仕事を終えた黒田が向かった先は、国生の住む都内の高級マンション。タクシーを降りた黒田は、帽子を目深にかぶり直すと、合鍵を手にオートロックの入り口を抜け、マンションに入っていく。

 黒田がマンションから出てきたのは翌朝9時30分のこと。再びタクシーに乗り込むと品川駅に向かい、新幹線で大阪へと帰っていった。

「国生さんが大阪で仕事の時は黒田さんの自宅に泊まって、黒田さんが東京で仕事がある時は国生さんの自宅に泊まっているんです。お互いに合鍵も持っている仲ですよ」(芸人仲間)

 国生は2000年11月に中学時代の同級生と結婚したが、2003年8月に離婚。2010年2月にコンサルタント会社社長のA氏との再婚が「ロールスロイス婚」と話題になったが、2013年9月に離婚している。

 関西での番組共演をきっかけに距離を縮めたという国生と黒田。

「ふたりの噂はあったんです。 黒田さんは熟女好きで、国生さんファンでもありましたから(笑い)。昨年末から大阪の黒田さんの自宅周辺でたびたび女の人が見かけられていて、すごくキレイだと噂になっていましたが、まさか国生さんだとは思っていませんでした。でも、正月にふたりが黒田さんの愛犬を一緒に散歩させていたのを見た芸人がいて、“国生さんだ!”と本気で驚いていました」(関西のテレビ局関係者)

 5月に黒田の母・和子さん(享年84)が他界した。女手ひとつで子供4人を育て、黒田にとっては当時の極貧生活ぶりを何度もネタにするほど最愛の母だった。

「黒田さんはお母さんに国生さんの話もよくしていたそうです。喪が明けて落ち着いたら…と考えているようですね。ゴールインも近いと思いますよ」(前出・芸人仲間)

※女性セブン2015年6月25日号

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150611-00000000-pseven-ent

加護陽彦(はるひこ)元モー娘・加護亜依さんを足蹴り傷害容疑で逮捕

今年4月に自身のブログで、夫との離婚協議中であることをブログで明かした、
元モーニング娘の加護亜依さんでしたが
なんと、今度は傷害事件に巻き込まれてしまいました。

kago.jpg

加害者は、夫の加護陽彦(はるひこ)容疑者で、
5月12日午前8時ごろ、同区六本木のマンションで、亜依さんの肩を蹴るなどし、
全治10日の軽傷を負わせました。

4月のブログには
「離婚の結論がでましたらあらためてご報告させていただきますが、
小さい娘もおりますので、今は静かに見守って頂けたらと思います。
ご迷惑、ご心配をお掛けし、本当に申し訳ありません。
私は、芸能の世界で育てていただきましたので、
今後も1人の女性、1人の母として芸能活動を再開して、
少しでも恩返しが出来たらと考えております」とつづっていました。

なんか加護ちゃんツイてないよね~
芸能界復帰に向けて頑張ってたのに・・・


元「モーニング娘。」でタレントの加護亜依さん(27)に暴行したとして、警視庁麻布署は9日、傷害の疑いで、夫で会社役員、加護陽彦(はるひこ)容疑者(47)=東京都港区=を逮捕した。同署によると、容疑を否認している。

逮捕容疑は、5月12日午前8時ごろ、同区六本木のマンションで、亜依さんの肩を蹴るなどし、10日の軽傷を負わせたとしている。

亜依さんらが同署に相談に訪れ、発覚。同署は何らかのトラブルがあったとみて、詳しい動機などを調べる。

加護容疑者は、違法な高金利で知人に現金を貸し付けたとして昨年10月に警視庁に出資法違反容疑で逮捕され、その後、不起訴処分になっていた。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150609-00000542-san-soci

間宮祥太朗って誰?俳優?役者?菜々緒の交際を否定

間宮祥太朗さんとモデルで女優の菜々緒さんの交際報道が話題になっていますが、
間宮祥太朗さんてどんな人で、なにしてる人かイマイチ知らないので調べてみました。

・1993年6月11日生まれの(21歳)
・神奈川県横浜市出身、身長 179m、血液型 O型
・趣味はギターと映画、音楽鑑賞。特技は野球。
・靴のサイズ:28cm。
・愛称は「祥太朗」

間宮祥太朗さんは、小栗旬綾野剛さんが所属する芸能プロダクション、
トライストーン・エンタテイメントに所属の俳優さんです。
余り知らなかったのですが、テレビ番組にも多数出演されています。

mamiya.jpg


■主な出演テレビ番組は
「信長協奏曲」第4話 斎藤龍興役 CX 2014年11月3日

「素敵な選TAXI」第2話 KTV 2014年10月21日

「金田一少年の事件簿N」第3・4話 海老沢邦明役 NTV 2014年8月2・9日

「水球ヤンキース」千秋亮役 CX 2014年7月12日~

「山田くんと7人の魔女」五十嵐潮役 CX 2013年8月10日~

「花ざかりの君たちへ イケメン☆パラダイス2011」淡路圭介役 CX 2011年7月10日~


■映画
「ユダ」
大富いずみ監督 2013年1月26日公開
「希望の国」
園子温監督 2012年10月20日公開
「ヴァージン」30代篇「ふかくこの性を愛すべし」
吉田光希監督 2012年5月12日公開


■舞台
「銀河英雄伝説 第四章 後篇 激突」ラインハルト・フォン・ローエングラム役
崔洋一演出 青山劇場 2014年2・3月
「銀河英雄伝説 第四章 前篇 激突前夜」ラインハルト・フォン・ローエングラム役
ヨリコジュン演出 東京国際フォーラム ホールC 2013年11・12月
「銀河英雄伝説 初陣 もうひとつの敵」主演 ラインハルト・フォン・ミューゼル役
大岩美智子演出 日本青年館大ホール 2013年8月
「銀河英雄伝説 第三章 内乱」ラインハルト・フォン・ローエングラム役
西田大輔演出 青山劇場 2013年3・4月



など多数出演されていたんですね。


菜々緒さんとの交際報道は4月28日に、一部週刊誌で報じられていましたが、双方の所属事務所が「友人の1人」と交際を否定。9日、東京・Zeppブルーシアター六本木で舞台「銀河英雄伝説 星々の軌跡」の囲み取材に出席した間宮は、報道陣から交際の事実について聞かれると「事実じゃないです」とし「共演者の方です」と説明。交際関係を改めて否定しました。
結構イケメンですから、もっと売れ出すとこの手の話題が尽きなくなるかも知れませんね。

 カテゴリ

 タグ

樫木裕実を神田うのが「かわいそう」と擁護

「カーヴィーダンス」の考案者でトレーナーの樫木裕実(50)。昨年12月、タレントのヒロミ(48)が経営するトレーニングスタジオから独立し、東京・中目黒に自らのスタジオ「カーヴィーグランド」をオープンさせた。ところが、そのスタジオがオープンして1年にも満たない中で、トラブルは起こった。


樫木裕実のスマイルカーヴィー ~いっしょに笑ってキレイになる!

タレントの神田うのが30日、ボディーメイクトレーナー・樫木裕実がプロデュースするスタジオ「カーヴィーグランド」の閉鎖報道に触れ、「(記事で樫木が悪く書かれることが)非常にかわいそう」などと樫木を擁護し、閉鎖の経緯についても語った。

「先生(樫木)は傷ついても、逃げたりする方じゃないですし、愛のある方。先生を知っていれば、そんなことをするはずじゃないってわかるけれど、日本全国には先生を(直接)知らない方が多いから」と樫木の現状を悲しんだ神田。

スタジオ閉鎖の経緯については「オーナーさんは別にいらして、10月18日に一方的に閉めるという通知が来た」と明かし、「(閉鎖の)理由はわからないです。憶測ではあるけれども、ビジネスですから、経営があまりうまくいっていないというオーナーさんの判断だったのでは」と見解を示した。オーナーとは「1度だけチラリとお目にかかったことはあります」と面識があることも明かした。

さらに、「先生は24時間、カーヴィーグランドのためにプライベートの時間もなくお仕事に専念されていた。一生懸命、疲労困憊(こんぱい)の中でやってらした」とフォローした。

今後の樫木との仕事については「先生は今、残されたスタッフの方々と一緒に、今のこの状況をなんとかしようと、方向性を見つけていこうと模索されている状況」と説明し、新たな仕事はまだ考えられない状態だと語った。

http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/cinematoday_N0057671
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/joseijishin_n6451

みのさん「朝ズバ」「サタズバ」降板へ

元日本テレビ社員だった次男が窃盗容疑などで逮捕された人気司会者のみのもんたさん(69)が26日、東京都内で記者会見を開き、事件後出演を自粛していたTBS系の二つの報道・情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」「みのもんたのサタデーずばッと」の両番組の降板を26日都内で記者会見を開き発表しました



みのさんは「子育てを間違え、(次男を)不完全な形で世の中に送り出してしまったのではないか」と声を詰まらせ「申し訳ない」と謝罪し、報道を扱うキャスターは昔からの憧れだったと語り、「悔しい」と繰り返した。

また、次男の御法川雄斗容疑者(31)には一度だけ自宅に会いに行った」と告白し、「何もしゃべりませんでした。僕は顔を見て5分で出ました。彼からは何もありません。彼は板の間で僕の顔を見て、何か言いかけましたけど、僕は無視して顔だけ見て出た」と明かした。

あ~あ、みのさんとうとう降板ですか?

 カテゴリ

中島知子 ゴールデンラジオで激白もカット

元オセロの中島知子が、このほど行われた文化放送の『大竹まこと ゴールデンラジオ!』(月~金 後1:00~3:30)の収録で、一連の騒動について語った。今年4月に解雇された前の所属事務所や家族ともめた事の顛末を激白し、「まあ(番組で)どこまで使っていただけるかわかりませんけどね。いつもカットされるんで、悲しい限りなんですけど」と言い捨てた。


中島知子写真集「幕間~makuai~」

2011年4月に、体調不良を理由に表舞台から姿を消した中島知子。休養中は「激太り」や「洗脳」、「家賃滞納」など、さまざまな問題で騒がれた。今年3月末に突然、テレビに出演し、芸能活動再開を宣言。しかし、そのテレビ出演が、所属事務所の松竹芸能に無断で行ったことが問題になり、翌4月6日に事務所を解雇され、同11日には松嶋尚美とのコンビ・オセロも解散した。

中島知子は「もともと会社と揉めていたのは、松島(尚美)が急に会社を独立したんです。大学時代、私をスカウトしてくれたマネージャーと独立してしまって、松島の会社の社長になっちゃったんです。その前に、私は独立したいといっていたんです。女優業やりたかったから独立したいって言ってたのに。そこから暴れて…」とぶちまけた。

家族との確執についても、「私はずっと妹に仕送りしていたんです。しかも(妹が)結婚してからも養っていた。過干渉の家族だったので、それをお金で処理していたんです。その上、子供ができても養うことになって。親と仲が悪過ぎたし、妹を養えと押し付けられたので、それでぶちぎれて送金をやめたんです。仕送りを切ったら急に『おねえちゃんが変わった。ケチになった。誰かの影響じゃないか』と週刊誌にしゃべりはじめて…」。

復帰後は、本格的に歌手活動をスタートさせたり、『痛快!ビッグダディ』(テレビ朝日系)のビッグダディこと林下清志さんの前妻でタレントの美奈子がつづった半生記を映像化する映画『ハダカの美奈子』に主演したり、自身初のヌード写真集『幕間~makuai~』(講談社)を発売したり、精力的に動いている。

番組の火曜レギュラーとして出演する眞鍋かをりに「現状は自分がやりたいことを自由にやりたいこと出来ていますか?」と質問されると、中島知子は「できてますし、業界の友達とも普通にお仕事させてもらっています。えらい嘘を書かれたな、というのが本心です」と答えていた。

TKO木本 ギャラが50倍に

松竹芸能所属のお笑いコンビ、TKOの木本武宏(42)が20日、関西テレビのバラエティー番組「お笑いワイドショー マルコポロリ!」に出演し、大阪から東京に進出後、ギャラがはね上がったことを明かした。


TKO 修行 [ TKO ]

共演のお笑いタレント、メッセンジャーあいはら(44)が木本に「TKOは大阪で頑張っているときがあって、東京で大成功して。東京に行っていま何年ですか」と質問をぶつけた。

木本は「7年です」と即答。ここで、あいはらが「どうですか。関西と違いますか?」と、“ギャラ”という直球は控えたものの、木本は何を聞かれているのか分かり、笑ってごまかそうとすぐには答えなかった。しばらく間を置いてから「違いますね」と笑いながら返答。

するとあいはらは「大阪の時代と比べたら何倍ですか」とぶつけた。木本は「あの…大阪の最後らへんと…」と言いよどみながらも「大阪の50倍くらい」と明確に回答。これにあいはらも、共演のよゐこ有野晋哉も「すごい!!」と驚いた。

あいはらはさらに「単純に1カ月のギャラが20万円だったとして50倍だと…」と現在のギャラが月1000万円付近ではないかとツッコミ。木本は「ぼく20万円もらってないです。あのころ1月20万円ないです」と繰り返し否定した。

藤井リナ サンジャポで個人事務所は「完全な赤字」

口元のホクロがエロチックな人気モデルの藤井リナさん
個人事務所を立ち上げてたんですねぇ、知らなかった^^;そんな藤井リナさんがTBSの日曜日の情報番組「サンデー・ジャポン」に出演し、個人事務所の現状を明かしました。


snidel 2013 Autumn / Winter Collection STRIPE TOTE 宝島社

8月で所属事務所「スターダストプロモーション」を退社し、9月に個人事務所を立ち上げた人気モデルの藤井リナ(29)が20日、TBS系情報番組「サンデー・ジャポン」(日曜前10・00)で、医師でタレントの西川史子(42)の担当する名物コーナー「西川会」のロケに参戦。個人事務所について「完全な赤字です」などと現況を明かした。

事務所立ち上げから1カ月半が経過し「最初は凄く不安だったんですけど落ち着いて来ました」と話した藤井。「でもお金がかかりますね」とスタッフの給料や事務所の維持費などで「完全な赤字です」と続けた。

今の所属タレントは藤井のみと聞いた西川は、真剣な表情で聞き入っていたTBSの田中みな実アナウンサー(26)を差して「この人、どう?」と突っ込むと「こんな素敵な人、手に負えない」と首を振るシーンも。

また、「口説かれた有名人はいるの?」の質問には「います…」と告白。ピー音が流れて放送では名前は明かされなかったが、田中アナが「えっ?それってもう…」と反応すると、藤井は「そう…」と大物ミュージシャンとの交際遍歴を明かし、恋多き女性の片りんをのぞかせた。

端正な顔立ちに、抜群のプロポーション。それに男心をくすぐる「エロぼくろ」業界人や番組共演者が放って置く訳無いですよね^^;

KAT-TUN田中聖の「夜の素顔」

ジャニーズ事務所の人気アイドルグループ「KAT-TUN」の田中聖(27)が、9月末で専属契約を解除された。解雇の理由については、「度重なるルール違反行為があった」と詳細は明らかにしなかったが、ある芸能記者が語る。



「以前から、事務所に無断で飲食店経営やイベントの主催で注意されていました。女性問題も多かったのですが、決定的だったのは、月刊誌に『局部写真』を掲載されたこと。これ以上、かばいきれないとして、ジャニーズでは法律違反以外の行為での、初の解雇になりました」

目に余る行為によって事務所に見限られた田中だが、意外なところで「やっぱり」という声が上がっていた。

都内のAVスカウトマンの話。

「スカウトした女の子に、芸能人と誰と知り合いか聞くと、一番多く名前があがったのが田中君でした。彼の評判は共通していて、渋谷や六本木のクラブで知り合うと、気軽に連絡先を交換してくれて、すぐに“深い仲”になったとか。性格はすごく優しくて金払いもいいのですが、お酒を飲むと脇が甘くなり、2ショット写真を撮らせてくれたり、下ネタの写真が送られてきたと言います。女の子が『大丈夫なの?』と聞いても、本人は全然気にしていませんでした。

また、芸能活動に悩んでいて、赤西さんが脱退したときには、『KAT-TUNはどうなっちゃうんだろう。芸能界で成功できるのか』などとぼやき、将来を心配していたそうです」

まさか自分がクビになるとは、想像していなかっただろう。

みのもんた『朝ズバッ!』放送中に街宣車が殺到したワケ

窃盗容疑で逮捕された、御法川雄斗容疑者の父親、みのもんた氏
『みのもんたの朝ズバッ!』を放送するTBSには一時期、連日のように右翼の街宣車が押しかけて抗議活動を行っていたという。
また、当初みのに対して擁護的な発言をしていた、同業のタレント仲間もチクリと「みの批判」を始めているらしい。



大物司会者みのもんたの次男・御法川雄斗容疑者が窃盗容疑で再逮捕ののち、釈放された。ただ「釈放」といっても、無罪放免というわけではなく「前日に同容疑者がこれまで否認していた容疑を認めたことで『これ以上、勾留しておく意味がない』と裁判所に判断された」(捜査関係者)だけという。

御法川容疑者が勤務していた日本テレビは、彼を諭旨解雇処分に。今後、実父みのもんたが経営する水道メーター会社「ニッコク」に身を寄せるとみられている。

そんな中、『みのもんたの朝ズバッ!』を放送するTBSには一時期、連日のように右翼の街宣車が押しかけて抗議活動を行っていた。目撃した人物は「街宣車の数はそれほどではありませんでしたが、『みのもんたを辞めさせろ~!』と大きな声が響き渡っていました」と証言する。

これにはTBSも大弱り。だが、これは別の“騒動”のとばっちりだったという。先月、「週刊文春」(文藝春秋)で、NHKの花形プロデューサーN氏が、大手芸能事務所「バーニングプロダクション」の周防郁雄社長と癒着関係にあり、「モーニング娘。」の肉弾接待を受けている――という記事が掲載された。告発したのは民族派団体「大日本新政會」総裁の笠岡和雄氏。記事の真偽は不明だが、同誌の発売と前後して、東京・赤坂にあるバーニングプロ前でも連日のように街宣活動が行われていた。

「街宣の“本丸”はバーニングですが、かわいそうなことに、バーニングとTBSは目と鼻の先。要は『バーニングに行ったついでに、TBSも寄っとこか?』というノリ。くだんの笠岡氏とみのもんたも過去に軋轢があったとはいいますが、TBSにしてみたら、たまったもんじゃないですよ!」(テレビ関係者)

このところは、すっかり収まったというが、今も“とばっちり街宣”にTBSがビクビクしていることだけは確かだ。

一連の報道に対しビートたけしは、週刊誌の連載コラムで、〈報道番組には出ちゃダメで、バラエティには出てもいいって理屈はよくわからないよね〉と指摘。バラエティーが報道よりも価値が低いというような態度は、〈ある種の「職業差別」だよな〉と疑問を投げかけたり

松本人志も、情報バラエティーに出演した際、テレビやラジオを続けているみのに対して、「ボクならムリ。後ろめたさ対自分で勝てない」と吐露したという。
最新記事一覧
Copyright © 芸能News読んでミソ! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

FXプライムの評判

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。